ベンチの息子

このところ、公式戦扱いの試合がちょいちょい入ってきます。

負けられない闘いとなるため、スタートで出られない息子が試合に出られるか否かは戦況次第。

保護者としてはやはり大事な試合で活躍する我が子を観戦することが何より至福の瞬間だと思いますし、少しでも試合に出てほしいという気持ちがあるのは当然でしょう。

“ベンチの息子” の続きを読む

またBチームに降格(涙)

6~7月は比較的Aチームでの活動に参加させてもらていて、かつスタメンでも起用してもらえる機会も多かった息子でしたが、7月の終わりころにスタメンを外れ、この度またBチームに降格しました!!

ガーーン。という気持ちもありつつ、やっぱりかという納得感もあります。

“またBチームに降格(涙)” の続きを読む

出場時間は短かったが

息子が合宿から帰ってきました。

大会型の合宿だったので、スタメンで出られない息子が本選にはほとんど出られずトレーニングマッチのみの出場になることも覚悟していました。

さらにはトレーニングマッチもコーチがわざわざ組まなければ実施されないので、1日1万円以上払って参加しているのにほとんど試合に出られないなんてこともあるんじゃないかと、ヒヤヒヤしていました。

“出場時間は短かったが” の続きを読む

レギュラーは外れたが、、

ここ1カ月ほどスタメンを維持してきた息子でしたが、ここ1週間ほどはスタメン起用してもらえず9人目の選手としてチームに帯同しています。

いわゆるスタメン落ち状態であり、常にギリギリのラインにいる息子をもつ保護者としては「またか。」というのが正直な感想です。

“レギュラーは外れたが、、” の続きを読む

レギュラー落ち・再び

新戦力の加入によりレギュラー落ちを経験した今年の4月。

怪我も重なり、結果を出せないことで評価も下がりに下がり一時はCチームにまで落ちました。

妻から「チームを辞めろと」圧をかけられ続け、踏んだり蹴ったりの自信喪失状態に。

もうこのまま浮かび上がっては来れないだろうと覚悟をしていました。

“レギュラー落ち・再び” の続きを読む

必死過ぎる親

僕のことです。

息子が少年サッカーで活躍し、チームの中で評価され嬉しい楽しい思いをしてほしいという気持ちがとても強く、逆に息子が上手くいっていない、評価が下がってきている、落ち込んでいる、などを見たり感じたりすると、自分に起こったことのように気分が落ち込んでしまっています。

“必死過ぎる親” の続きを読む

心配

4年生の終わりまではなんとかレギュラーで試合に出られていた息子ですが、5年生になったくらいのタイミングでレギュラー落ちしてしまいました。

ちょうどほかのチームから上手な子が移籍してくる時期ということもあって、自学年だけではなく4年生のスーパーな選手たちまでもが徐々にチーム戦術にフィットしてきたことで、レギュラー争いどころか圏外まで一気に弾き飛ばされた感じでした。

“心配” の続きを読む

卑しい気持ち

正直に言うと、僕の心の中にはとても卑しい気持ちがあって、そういう面が出てきてしまうのを感じて、ちょっと自己嫌悪になるところがあります。

それでも、そう言う気持ちがたとえ誰も見られていない時にでも言動として外に漏れなければ、そういう卑しい気持ちが湧いていないのと同じことになるんじゃないかという自分の中の勝手なルールーを作っています。

下水処理場がキレイな水を川に放出するように。

“卑しい気持ち” の続きを読む