チビな息子

息子は小学4年生ですが、2学期の身体測定では125cmしかありませんでした。チームの中では3年生に混ざっても一番小さく、2年生に混ざってようやく平均くらい。

 

 

僕も小学生の頃はちびっこで中学生入学時点で140cmほど。 中学校ではそこそこ伸びたものの、最終的には170cmまでしか背は伸びませんでした。

今後もきっとフィジカルやスピードに頼れない分、しっかりと足元の技術をつけていくしかないと思います。

最近僕の息子の身長に対する心配がより強くなってきたのは、関東リーグのジュニアユースチームや大人の関東リーグのチームなど間近で観る機会があり、そこで試合に出ている選手が9割がた大きい選手だったからです。

改めて本当にチビ枠って少ないんだなと感じ、息子はジュニアユースで上手くやっていけるだろうかと心配になってきました。

僕がこれまでに何度か遭遇したジュニアユースの試合は、たまたますべて関東リーグの試合でしたが、トップチーム(と思われる)で出場している選手の中に背の小さい選手は1人いるかいないかでした。

もちろん、プロの世界でも小柄で活躍している選手はたくさんいますが、少数派であることには変わりはなさそうです。

まだまだ、ジュニアユースに関しては何も考えていない我が家ですが、セレクションなど始まれば、息子は今後、背が小さいことで苦戦することは多いんだろうなと思います。

チャナティップのように、小さくてもぶつかられない技術を磨いて何とか、高校生くらいまではそれなりに活躍できるようになってもらいたいです。

背が小さくても、ジュニアユースや高校サッカーで活躍するために、ジュニア世代でやっておいた方がいいことなどあれば、諸先輩方のアドバイスいただけると嬉しいです! 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングも参加中!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

 

少年サッカーブログ第一話はこちら⇒ スーパーじゃない息子が強豪街クラブに入るまで

 

褒めて伸ばそう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です