プルウェイがなかなかできるようにならない息子

毎週土日に試合が入っている息子。

そして、毎回必ず攻撃と守備で一つずつ目標を設定してから試合に臨むようにしているという話はこのブログでも何度か書いてきました。

 

例えば、センターハーフをやり始めたころは、「サイドバックにボールが出そうになったら、ギャップに顔を出して止まる」という目標を設定することが多かったです。

言葉にすると一言ですが、習慣として身につくまでには何カ月もかかりました。

大事なのは、一朝一夕には目標を達成できないことを覚悟し、最初の方は、目標にトライしようとした兆しを見つけて褒めることです。

なるべく、ビデオを撮っておいて、試合後に息子にその兆しが出たシーンを見せながら褒めるようにしています。

そうやって、少しずつ息子の中に理想的なプレーのイメージをしみこませていきます。

こうして今まではゆっくりですが地道に課題をクリアしてきました。

 

そして、今はまさに、なかなか兆しさえも出てこない難題に直面しています。

それが、プルアウェイです。

 

 

息子の走り方

 

プルアウェイ

 

個人的にはそんなに難しい目標だと思っているのですが、試合中になるとどうしても直線的に走ってしまいます。

クロスが飛んできそうなときも、3人目の動き出しをかけるときも、まっすぐ。

何回も公園でシミュレーションした、見方が自分に向かってドリブルしてくるシーンではバックステップを踏んでスペースを空けることはできるようになってきました。

クロスのシーンも、3人目のシーンも、公園でのシミュレーションしていく必要がありそうです。もう一人練習相手がいればなぁ。。。

今週末こそしっかりプルアウェイしてほしいと思います。 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングも参加中!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

 

少年サッカーブログ第一話はこちら⇒ スーパーじゃない息子が強豪街クラブに入るまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です