怪我の具合

足首捻挫をしてチームの活動を離れて約1週間ぶりに、今日は練習に復帰しました。

練習とは言っても、まだ足首は痛むようなので、ほぼ見学といった感じでしたが、たとえプレーはできなくてもチームの活動に参加しているだけでも頭が鍛えられますし、チームメイトとのコミュニケーションも取れるので大いに意味はあると思います。

今日は理学療法士を職歴を持つコーチが息子の足の具合を見てくれました。

今度の金曜日からは3日間かけて少々大きめの大会に出場するので、気に掛けてもらっています。

そこでの勝ち負けというよりは、通常とは違った緊張感で強度の高い試合をこなすことのによる経験をさせてあげたいと思ってくれているようです。

 

僕は仕事があり練習には顔を出せなかったので、夕方電話でコーチから息子の足の状態を教えていただきました。

それによると、やはりまだ痛みなく動かせる範囲に限りがあり、微妙なコンディションとのこと。

まだ数日は様子を見つつ、痛みが改善できればテーピングをしつつ大会にも出していきたいと言っていただけました。

 

という訳で、今日はアマゾンでテーピングを注文しました。

そのほかにはアンダーラップとキネシオテープも。

怪我のリスクは最小限にしつつ、最短での復帰を目指してもらいたいというのが本人、保護者、コーチ共通の希望です。

離脱中、心配して連絡をくれたチームメイトの保護者の方々や、息子の分まで大会の賞品をもらってきてくれたチームメイト、テーピングなどのサポートに加えて息子の怪我の状態をこまめに気に掛けてくださるコーチの皆様への感謝の気持ちを忘れずに、復帰後はチームの為に献身的なプレーをしてもらいたいと思います。

 

まずはレギュラー争いで一時ランキング圏外まで飛ばされてしまった今の現状から、またなんとかスタメン復帰を果たしてもらいたいところですねぇ。

ま、焦らずできることからしっかりとやっていきたいと思います!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングも参加中!! ↓↓現在の順位はこちらからご覧いただけます↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

 

第1話はこちら:

こちらもおすすめ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です