出場できない息子

息子は現在、大会型の合宿に参加中です。

合宿なので〇万円を支払って参加していますが、大会というところがまたスタメンでない息子を送り出した保護者にとって色々と悩みの種になるのです。

 

こちらの記事もよく読まれています:

 

 

大会なので、勝ち進んでいかないと強豪チームとの試合ができません。

なので予選から負けられない闘いが始まっているのです。

つまり、接戦になってくると息子が出場する機会はありません。

調子よく点差が開けば出してもらえるところですが、つまるところゲームが決まった後でのみ出場が許されるというなかなか微妙な状況です。

 

合間にトレーニングマッチを組んでもらえることもありますが、事前に予定されているものではないので、担当コーチがどこまで頑張って予定を組んでくれるかにかかっています。

 

過去には同じような状況で、うっかりトレーニングマッチを組む前に枠が埋まってしまい、息子は本選にも出られず、トレマもなく、結局その場でいつも試合をしているチームと近隣のグランドを借りて少しだけ試合をするという残念な結果になったことも。。

1日1万円くらいかかっているのに、そのような感じになってしまうとスタメン外のメンバーのコスパが悪すぎるように感じてなりません。。

 

もちろん、息子がスタメンで出られていればこんな不満などなくただただ純粋に応援できるものを、こうもスタメンか否かで(いや、実力も僅差ならもっと使ってもらえるのでしょうが)扱いが変わってきてしまうとなると、我が子の力不足が原因とは言え保護者としてはだんだん卑屈な気持ちになってきてしまいます。

 

さて、今回はどうだっ方というと、息子も本選に少しだけ出られました。

今のところ、2試合中10分ほど。笑

そしてトレーニングマッチも2本ほど組んでもらえ、出場時間0分、トレマ組みそびれるという最悪の事態も予想して送り出したこちらとしては、一安心です。

 

今回の合宿には呼ばれていない子もたくさんいるので、本当は連れて行ってもらえただけでもありがたいことなのですが、やはり1日1万円かかっていることが頭から離れない、貧乏性の僕です。

 

とはいえ、ベンチからたくさん声を出したり、ハーフタイムには水筒を運んだりと一生懸命ベンチワークに励み、チームの勝利に大喜びする息子を観ているとやはり送り出して良かったと思えてくるのです。

 

このところは、妻から取り組む姿勢を批判され、合宿中のベンチワークやトレマのプレー次第ではこの合宿を最後にチームを辞めさせると脅されて送り出された息子ですが、今のところ辞めずに済みそうな感じがしています。

最後まで気を抜かずに、5分でも3分でもいいのでなるべくたくさんの本選に出られると良いなと思います。

 

はぁ、疲れる。。。

頑張れ息子!

僕は仕事に集中したいと思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングも参加中!! ↓↓現在の順位はこちらからご覧いただけます↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

 

鍛えよう!体幹! 強くなろう!球際!

  

こちらの記事もよく読まれています:

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です