スーパーじゃない息子の活動記録 2020.12.06

ついに、恐れていた日がやってきました。

なかなかスーパーな子が最近移籍してきたこともあり、ついに、大会で試合に出られませんでした。

 

   

少しばかり大きな大会に参加した息子たち。

この日のコーチはいつもよりも気合が入っていました。

1試合目が始まる前のミーティングで「試合に呼ばれたら必ず出られるという考えはやめよう。今日は勝ちに行く。パフォーマンスの良い選手は試合に出られるし、そうでないやつは出られないってこともあるからな!」と。

この日は2日間にわたる大会の2日目、1位リーグに進んだ息子たちは優勝を争って、バチバチの戦いに挑みます。

それでも1試合目は大量得点ができ、参加した11人がほぼ均等に試合に出ることができました。

その中でも、最近入ってきたばかりの子が攻守においてとても目立った活躍をしていました。

すると2試合目からはベンチスタートの息子。

途中交替して4割ほどは試合に出られたものの、パフォーマンスはスタメンからは少し劣るのは明らかです。

攻撃はミスはあるものの、積極的に狭い局面で短いパスを繋ぐ息子の良いところが出せていたと思います。

守備も息子にしては頑張っていた方でしたが、やはり蹴らせてはいけない場面で蹴らせてしまったり、見方がカバーに来ると任せてしまったり、気になるところが多いのはいつもどおりでした。

この試合、交替で出してもらえたのは息子だけだったので、出場できただけでもありがたかったのですが、、、

そして勝たなければ優勝できない最後の試合では、強豪相手にかなりバチバチの試合展開に。

もちろん息子はベンチスタート。

 

ここでもスタメン全員の身体を張ったディフェンスが光ります。

息子だったら今の止められなかったなー、という場面の連続です。

結局、その試合は1人も交替する余裕なく、終了。

大会の勝ちに行く試合で、息子が1分も出場できないのは初めてのことでした。

 

父親としては、正直残念に思いましたが、息子の今のレベルを考えると妥当な判断だったと思います。

それにしても新加入の子がとても良い動きをしていて驚きました。

大会優秀選手にも選ばれるほどで、今後ますます期待が高まります。

 

家に帰ってきて、最後のバチバチな試合の中でのチームメイトたちの身体を張ったディフェンスハイライトの動画を作り、タブレット端末に早速入れておきました。

タイトルは「試合に出るために必要なディフェンス」です。

息子にはこの動画(だいたい5分くらい)を今年中に100回は見よう!と提案しました。

 

今回は息子も悔しい思いをしたようです。

これをばねに、息子がより一生けん命に練習に取り組めるようになれば、この日の悔しさも無駄にはならないでしょう。

 

今朝(月曜日)、息子が珍しく早起きをして一人で何かをしていると思ったら、さっそくタブレットを見ていました。

やるじゃないかと思ったら、ダゾンで昨日のやべっちスタジアムを見ていました!笑

でもその前に、昨日の動画もちゃんと2回見たんだとか。

 

頑張ってどんな試合にも出られるようになってほしいものです!!
また、スタメンも大事ですが、息子自身が最大限、ジュニア時代に成長できるかという点に着目して、応援していきたいと思います。

 

うっかり周りと比べて息子のやる気をそいでしまうことのないように、常に前向きに楽しんでサッカーができるように、サポートしていきたいです!!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングも参加中!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です